AUTHOR

yamaoka

土地の相続5つの方法

今回は土地の相続、5つの方法について解説します。 土地を相続したときの分割方法にはこちらの5つがあげられます。 換価分割、代償分割、現物分割、土地の分筆、共有分割です。 では一つずつ見ていきます。 換価分割 換価分割は土地という分割しづらいものを売却して現金化し、その現金を分割する方法です。 換価分割では売却金をそれぞれの相続分に応じて分けますので、1円単位での分割も可能になります。 誰も相続した […]

借金が残っていないか気になるときの調査方法

今回は亡くなった方に借金が残っているか、残っていないかを調べる方法について解説したいと思います。よろしくお願いします。 土地や建物などを一旦、相続した後になって多額の借金が見つかった場合は、相続放棄ができなくなりますので、早い段階で、借金の有無を確認しておく必要があります。 借用証書や返済の督促状が残っていたり、銀行口座などからそれらしい引き落としの記録が分かる場合には、債務調査もスムーズに行うこ […]

不動産の生前贈与と税金

今回は「不動産の生前贈与と税金」について解説します。よろしくお願いします。 不動産を生前贈与する場合の税金 ではイラストをご覧ください。 父親からお子さんに対して自宅不動産を生前贈与したときの税金について確認していきます。 贈与する不動産は土地が2000万円、建物が300万円の評価で合計が2300万円です。 この場合、通常に贈与すると贈与税が721万円になりますので、相続時精算課税制度を活用した場 […]

法定相続情報一覧図作成の仕方【数次相続の場合】

今回は数次相続の法定相続情報一覧図作成の仕方について解説します。よろしくお願いします。 法定相続情報一覧図 法定相続情報一覧図は亡くなった方の遺産相続について、誰が相続人であるかを表記した書類です。この書類をあらかじめ相続手続きの前に作成しておくことによって、金融機関での預貯金解約や株式の名義変更、不動産登記の変更などの場面で、分厚くなった戸籍の束を持ち歩く必要がなくなります。 そのため、金融機関 […]

相続の基本② 相続の方法、相続人と相続分

相続の基本の2回目です。相続の方法、相続人と相続分について解説します。よろしくお願いします。 相続の方法 まずは相続の方法です。 遺産について「誰が」「何を」「どれだけ」もらうのかを決める方法には主に3つがあります。 1つ目は「法定相続」です。民法によって決められた人が決められた割合をもらう相続です。 2つ目は「遺言による相続」です。亡くなった人が生前に書いた遺言書の内容に従って分ける相続です。遺 […]

相続の基本① 相続とは?葬儀後の手続き、遺産とは?

みなさん、こんにちは。マラソン行政書士の山岡です。 今回は相続のことなんて何も分からないという方に向けた内容になっています。こちらは何回かに分けてシリーズでお伝えしようと思っています。 相続のことをこれから勉強したいと考えている方は是非お見逃しなく、ご覧ください。 それでは第1回目のテーマは「相続とは?」「葬儀の後の手続き」「遺産とは?」についてです。 相続とは まずは、そもそも「相続」って何なの […]

こんな相続放棄は認められないかも!?

相続財産にローンや債務などのマイナス財産が多い場合や面倒な遺産分割の話し合いに巻き込まれたくない場合、特定の相続人に遺産をまとめて渡したい場合などは相続放棄をすることで最初から相続人ではなかった立場になることができます。 この相続放棄は家庭裁判所に相続放棄の申述を行う必要がありますが、中には相続放棄が認められないケースがあります。 そこで今回は、相続放棄が認められないケースにはどのような場合がある […]

生前贈与の上手な活用法

生前贈与は、財産を多く持っている方が将来かかる相続税の負担を減らすために、生前のうちに財産を渡す相続対策の一つです。 贈与には贈与税がかかりますが、生前贈与についても意識して行う必要があります。 そこで、今回は生前贈与をうまく活用するために、非課税で行うことのできる生前贈与について紹介します。 2つの課税制度 まず、生前贈与における課税にはどのような方式があるのか理解するために2つの課税について説 […]

子どもの相続、親が代理しても大丈夫?

未成年の子の親は、子どもの財産を管理して、その財産に関する法律上の行為について子どもを代理して行う権限があります。 そのため、相続においてもきちんとした判断ができない子供に代わって、親がその手続きを代理してもよさそうですが、親と子の利益が相反する場合は代理することができません。 後から無効になって手続きをやり直さなければならなくなる可能性もありますので注意が必要です。 特別代理人 例えば亡くなった […]

相続はどこまで続くの?

被相続人が亡くなると、相続人はその人の遺産を承継することになりますが、何も手続きしないで放置していた場合、相続はどこまで続くのでしょうか。 相続の順位 人が死亡したときは、預貯金や不動産、債務など、何らかの財産が残されます。 このとき、誰も資産や負債を引き継ぐことがなければ、それらは宙に浮いたままとなってしまいます。 そこで、民法では一定範囲の親族を相続人として、これらの資産や負債を引き継がせるこ […]