遺言書でできること

香川のマラソン行政書士の山岡です🎽

今回は、「遺言書でできること」について解説します🙂

相続の生前対策の一つとして、遺言書があります。

遺言には、何を書いても効力がある分けではなく、せっかく書いても効力が生じないものもあります。

遺言によってどのような事ができるのか、遺言の効力について確認しておきましょう。

相続人以外に財産を渡す

まず、相続人ではないけれども生前にお世話になった友人や知人、献身的に介護をしてくれた人などに自分の財産を渡したい場合、遺言に書くことによって財産を渡すことができます。

これを「遺贈」と言います。

遺産を受け取ることのできる権利を持つ相続人は法律で規定されています。相続人以外に財産を渡したい場合は、遺言書に書くようにしましょう。

相続分の指定

次に、相続分の指定です。

妻には相続財産の4分の3を、長男と長女には8分の1ずつを相続させると言うように、相続させる財産を割合で指定するものです。

民法では、法定相続分があって配偶者と子が相続人になる場合は2分の1ずつを取得するなど、その割合が決められています。

遺言によって、この法定相続分とは異なる相続割合を指定することができます。

相続財産の承継先の指定

続いて、相続財産の承継先を相続人ごとに指定することができます。

これは、相続させる財産を割合によって指定するものでなく、何の財産を誰に渡すというように、渡す財産とそれをもらう人を個別に指定するものです。

不動産や預貯金、株式など複数の財産を所有している場合は、不動産を妻に、預貯金を長男へと、自分の希望に沿って財産を渡す相手を決めることができます。

相続権の剥奪

また、財産を渡すだけでなく、相続する権利を剥奪することもできます。

遺言者が生前に、特定の相続人から虐待や侮辱により、被害を受けていた場合、その相続人から相続する権利を遺言によって剥奪させることができます。

遺言執行者の指定

そのほか、隠し子の認知や保険金受取人の変更、福祉施設や団体への寄付、未成年後見人の指定、遺産分割の禁止、遺言執行者の指定などを行うことができます。

遺言執行者とは、遺言に書かれた内容を実現するために相続手続きを進める人です。

預金を○○に渡す、不動産を△△に相続させるなどと書かれていても、実際に預貯金を解約したり、不動産登記の変更を行う人がいないと、指定された人に財産が渡りません。

遺言執行者は、他の相続人に対して、速やかに相続手続きを行うことが義務付けられますので、遺言書を作成する際は、遺言執行者の指定をするようにして下さい。

付言事項

また、法的な効力はありませんが、最後に家族への思いを書き記したい場合は、付言事項として遺言書に残すことができます。

以上、今回は遺言書でできることについて解説しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました🙇

相続・遺言についてのご相談・お問合せはこちら
三豊・観音寺・丸亀を中心に香川県内のご依頼を承ります。
初回60分無料相談実施中です🍀🍀🍀

希望と笑顔溢れる暮らしづくりをサポートします😄

山岡正士行政書士事務所🏠
〒769-0402 香川県三豊市財田町財田中2592
📞0875-82-6013
💻https://mayamaoka-gyousei.com

法定相続人の範囲

香川のマラソン行政書士の山岡です🎽

今回は、法定相続人の範囲について解説します🙂

法定相続の場合、遺産を受け取れる人は、法律によって決められています。

法定相続人

この、法定相続人になれるのは、「配偶者」と「血族」です。

血族とは、同じ血縁関係にある人のことで、親子、兄弟などがこれにあたります。

血族に対する言葉として、「姻族」がありますが、配偶者の血族が姻族になります。

そして、同じ順位の人が複数名いる場合は、全員が相続人となります。

これは、亡くなった人の子どもが3人いる場合、子ども3人とも相続人になるということです。

順位は、「配偶者」は常に相続人となり、第一順位に「子ども」、第二順位に「両親」、第三順位に「兄弟姉妹」となります。

したがって、子どもがいれば「配偶者と子ども」、子どもがいなければ「配偶者と両親または祖父母」、子ども、両親、祖父母もいなければ「配偶者と兄弟姉妹」が相続人です。

配偶者がいない場合、子どもがいれば「子ども」、こどもがいなければ「両親または祖父母」、子ども、両親、祖父母もいなければ「兄弟姉妹」が単独で相続人になります。

第一順位の子どもが亡くなっている場合は、その子(被相続人の孫)が相続します。これを代襲相続と言います。

第三順位の兄弟姉妹が亡くなっている場合もその子(被相続人の甥や姪)が代襲します。

ただし、孫も亡くなっている場合はそのまた子へと相続権が連続して移行しますが、甥や姪が亡くなっていてもその子へとは代襲しません。

法定相続人の確認

相続手続きで法定相続人であるかについての確認は、戸籍謄本を収集して調査します。

戸籍謄本は、亡くなった方の生まれてから死亡するまでの一連の戸籍と相続人となる方の戸籍が必要になります。

なぜ、生まれてから死亡するまでの戸籍が必要になるかについては、戸籍は結婚や転籍、法改正によってその都度、あたらしく編製されます。

その際に、古い戸籍に記載されていた情報のすべてが書き写されるわけではありません。

生まれた場所や両親の名前、前の本籍地などの情報は記載されますが、結婚などで戸籍から抜けた人や認知した子の情報は新しい戸籍には記載されません。

従って、現在の戸籍だけを確認して、子ども記載がないからと言って、被相続人には子どもはいないと断定ができないわけで、そのために、生まれてから死亡するまでの一連の戸籍を取得して確認する必要があります。

戸籍謄本は、法定相続人を調べるためだけではなく、預貯金の解約や不動産の名義変更などの相続手続きで必要になります。

また、遺産分割協議は相続人全員で行わなければならず、一人でも欠くと無効になりますので、相続人調査は正確に、慎重でなければなりません。

以上、今回は法定相続人の範囲について解説しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました🙇

相続・遺言についてのご相談・お問合せはこちら
三豊・観音寺・丸亀を中心に香川県内のご依頼を承ります。
初回60分無料相談実施中です🍀🍀🍀

希望と笑顔溢れる暮らしづくりをサポートします😄

山岡正士行政書士事務所🏠
〒769-0402 香川県三豊市財田町財田中2592
📞0875-82-6013
💻https://mayamaoka-gyousei.com

相続の基本知識

香川のマラソン行政書士の山岡です🎽

今回は、相続の基本知識について解説します🙂

相続とは

まず、「相続」とは何でしょう🧐

「相続」とは、ある人が亡くなったときに、その方の権利や義務を含む財産を、特定の方が引き継ぐことを言います。

分かりやすく言い換えると、亡くなった人の財産を、その方の配偶者や子どもなどの関係のある方がもらうことです。

亡くなった人のことを「被相続人」、財産をもらう人のことを「相続人」と言います。

遺産とは

次に「遺産」です。

これは、亡くなった方の財産のこと、相続財産です。

遺産には、現金や預貯金、株式、自動車や貴金属などの動産、土地や建物などの不動産、借入金などの債務、賃借権、特許権、著作権などの権利などがあり、これらが相続の対象となります。

現金や預貯金は、もらう人にとってはプラスとなる財産ですが、借入金はマイナスです。相続は、プラス財産、マイナス財産のどちらも引き継ぐことになります。

そのため、マイナスが多くなる場合は、相続放棄を検討する必要がでてきます。

相続の方法

続いて「相続の方法」です🧐

遺産をどのような方法で分けるのかについては3つの方法があります。

「法定相続」、「遺言による相続」、「分割協議(話し合い)」によるものです。

遺言書がある場合は、原則、遺言書に沿って遺産が分けられます。

一方、遺言書がない場合は、基本的には相続人全員による話し合いによって遺産分割を行うことになります。

また、民法では、誰がどれだけ相続するかが決められています。

これに従って分割する方法を「法定相続」と言います。

遺産をもらえる人は、「法定相続人」か「受遺者」です。

「法定相続」とは、民法で決められた相続人で、亡くなった人の配偶者と子または親、祖父母、兄弟姉妹です。

「受遺者」とは、遺産を譲り受ける人として遺言で指定された人のことです。

未成年者が相続人になる場合

最後に、未成年者が相続人になる場合の注意点について、確認しましょう。

未成年者が相続人になる場合は、未成年者単独では遺産分割協議に参加することはできません。

「代理人」を立てる必要があります。

通常だと、父親または母親が代理人となりますが、未成年者とともに親も相続人である場合は、利益相反行為となりますので、代理人になれません。

自分の有利に話を進めると、未成年者が不利になることがあるからです。

このような場合は、「特別代理人」の選任を家庭裁判所に申し立てる必要があります。

選任された特別代理人は、未成年者に代わって遺産分割協議に参加し、書類への記入や捺印などの手続きを行います。

以上、今回は相続の基本知識について解説しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました🙇

相続・遺言についてのご相談・お問合せはこちら
三豊・観音寺・丸亀を中心に香川県内のご依頼を承ります。
初回60分無料相談実施中です🍀🍀🍀

希望と笑顔溢れる暮らしづくりをサポートします😄

山岡正士行政書士事務所🏠
〒769-0402 香川県三豊市財田町財田中2592
📞0875-82-6013
💻https://mayamaoka-gyousei.com

遺産分割の進め方

香川のマラソン行政書士の山岡です🎽

今回は遺産分割の進め方について解説します🙂

遺産分割

相続手続きの中でも、最も悩みごとが多く、トラブルになってしまうものが遺産分割です。

相続人どうしの話し合いがまとまらない場合は、最悪は調停から審判手続きに移行して第三者の判断を仰ぐことになってしまいます。

ただし、相続手続きの全体の流れを把握して、順番に丁寧に手続きを進めることで、遺産分割も大きく滞ることなく終えるケースも多くあります。

相続手続き

そこで、ここでは遺産分割と相続手続きの進め方について、理解を深めていきたいと思います。

相続人調査

まず、被相続人の死後、相続手続きの流れを把握している方は、早速、相続人調査を始めていきましょう。

戸籍謄本を収集して、相続人の確定を行います。

この段階で、何から手を付けたら良いのか分からない方は、相続の無料相談などを活用してください。当事務所でも承っております。

戸籍収集は、少なくとも被相続人の出生から死亡までの一連の戸籍と、相続人となる人全員のものが必要になります。

一つの役所で、全ての戸籍が揃うことはまれで、普通は2か所、3か所と請求をかけなければなりません。

思っているよりも、かなりの労力が必要です。

時間的に余裕のない方は、専門家への依頼を検討してもよいでしょう。

相続財産調査

相続人調査が終わって、相続人が確定した後は、相続財産の調査を行ないます。

不動産、現金、預貯金、株式、また借金がないかなどを調べます。

そして、財産目録という一覧表を作成します。

遺産分割の話し合いは、この財産目録を基に協議がされますので、漏れのないように調査を行うことが肝要です。

また、不動産を調査すると、何年も前に亡くなった祖父の名義のままだった、ということもよくあります。

この場合は、先に亡くなった祖父の相続手続きを済ませる必要があります。

遺産分割協議

そして、相続人と相続財産が明らかになったところで、遺産分割の話し合いを始めることになります。

お金が絡むことですので、話が平行線のまま進まないこともありますが、お互いに妥協点が見つかり、話し合いがまとまると、遺産分割については成功となります。

一方、話し合いにすら応じてくれないとか、相続人の中に全く連絡の取れない人がいる場合は、家庭裁判所での調停や不在者財産管理人を選任するなど、別の手続きが必要になります。

以上、今回は遺産分割の進め方について解説しました。

相続が発生した際には、手続きの流れと内容を相続人全員が理解し、協力して進めていくことが重要となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました🙇

相続・遺言についてのご相談・お問合せはこちら
三豊・観音寺・丸亀を中心に香川県内のご依頼を承ります。
初回60分無料相談実施中です🍀🍀🍀

希望と笑顔溢れる暮らしづくりをサポートします😄

山岡正士行政書士事務所🏠
〒769-0402 香川県三豊市財田町財田中2592
📞0875-82-6013
💻https://mayamaoka-gyousei.com

人生の価値は己が決める

香川のマラソン行政書士の山岡です🎽

今回はマラソンと人生について語ります🙂

マラソンレースでは、体調や気候、またはそのレースかける気持ちによって成績が左右されます。

好結果のときがあれば、不本意に終わるときもあります。

もう、どう頑張っても自己記録更新は望めない、平凡で終わってしまいそうなレース。

このようなレースを走っているときに、いかに意味を持たせるか、次につなげるか、何か一つでも収穫のあるレースにして終わるぞ、という意識の転換、思考が重要になります。

これはその人、その人の「人生」にも当てはまることはできないでしょうか。

「おれの人生なんてこんなもんだよ」とか「やっぱり自分て、だめな人間なんだ」とか人間とは感情を持つ動物です。

その感情が行動を支配して鈍らせたり、新しいことにチャレンジする気持ちを躊躇させたりしていることはないでしょうか。

人生は思い込みでできています。

それは「できる」という思い込みと「できない」という思い込みです。

私が、「神様がほほ笑んだ日」として忘れられないのが2006年10月22日です。

社会人になって13年目の年、庵治で開催されたマラソン大会の5kmの部に出場しました。

その大会は6位までが表彰の対象となるんですが、その6位に滑り込んで表彰を受けることができました。

それまでにもいろんな大会に出場してきましたが、とても表彰台に立てるレベルになんかありませんでした。

しかし、しかしですね、ここが私の往生際の悪いところで「絶対できる、絶対できる、絶対できる」と思って練習を続けたわけです。

「こんなもんじゃないはずだ」って。

これもまさに思い込みです。自分を信じて腐らず、愚直にやってきたからこそ、神様が「入賞」のご褒美をくれたんだと思っています。

ぜひ、プライベートで、ビジネスでつまづいたり、悩んだり、立ち止まったりしている方は、「どうせ」とか「私なんか」とか考えず、「私はできる」、「私ならできる」、「私だからできる」と思い込んでください。

そして、同じやるなら「できるだろうか」と思うより、「絶対できる」と思ってやったほうがいい。

苦しくやるより、楽しんでやった方がいい😀

しかめっ面でやるより、笑顔でやる方がいい。

なぜか。

幸運は明るいところに集まるようになっているからです。

「できる」と思ったらできるし、「できない」と思ったらできない。

すべて、人生は自分が思ったようにしかならないからです。

自分の人生の価値は、他人が決めるのではありません。

自分自身で、最高の人生に、そして、最高の人生を築き上げていきましょう🍀

戸籍について

香川のマラソン行政書士の山岡です🎽

今回は、相続手続きでは必ず用意しないといけない「戸籍」について解説したいと思います🙂

戸籍の種類

まず、戸籍の種類です。

戸籍には「現在戸籍」、「除籍」、「原戸籍」の3種類があります。

「現在戸籍」は、その字の通り現在、存在している戸籍です。

「除籍」は、戸籍に記載されている方が結婚や離婚、死亡によって戸籍から抜けることを除籍と言いますが、相続手続きで必要となる除籍謄本は戸籍に入っていた人全員がいなくなった戸籍のことを言います。

そして、「はらこせき」、「げんこせき」と読みますが、これは戸籍は法律の改正で全国的に様式が変わることがありますが、新しい戸籍に変わるまで使われていた古い戸籍がこの「原戸籍(はらこせき)」です。

次に、「謄本」と「抄本」について説明します。

「謄本」とは、戸籍内に記載されている全ての内容を写したもので、本人や配偶者、子どもの記載がされます。

一方、「抄本」は戸籍の一部情報の写しで、通常は戸籍に記載されている1人分の情報を抜き出したものとなります。

また、「戸籍の附票」という書類があります。

これは、相続人の住所を確認するときに取得します。

住民票だと住所を変更した履歴は直前のものしか記載されませんが、戸籍の附票を取得すると、住所変更した毎に新しい住所の記載が追加されますので、過去の履歴を辿ることができます。

戸籍の取得

では、相続人を調査する際に、どの範囲の戸籍を取得すればいいのでしょうか。

どのような場合でも必要となる戸籍は、「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」と「相続人全員の現在の戸籍謄本」です。

次に、被相続人に子どもがいたかどうかで取得する書類が異なります。

被相続人に先に亡くなった子どもがいた場合は、その子の出生から死亡までの戸籍謄本を取得します。

一方、子どもがいなかった場合、このときは父母や祖父母が相続人となりますが、これらの誰かが存命であれば、亡くなった父母または祖父母の死亡が記載された戸籍が必要です。

父母・祖父母とも既に亡くなっている場合は、父母の出生から死亡までの戸籍謄本と先に亡くなった兄弟姉妹がいればその方の出生から死亡までの戸籍謄本が必要です。

これらの戸籍謄本は本籍地のある市町村役場で取得します。

ここで注意が必要なのは、一生のうちに何度か本籍地を変更している場合、一つの役所では出生から死亡までの全ての戸籍が揃えられないということです。

本籍の変更先の役所で請求しないといけません。

そのため、遠方で郵送で請求すると、全ての戸籍が揃うのに1か月から2か月要する場合もあります。

手間と時間がかかりますので、早く処理を終わらせたい方は、専門家に依頼されることもご検討ください。

以上、今回は戸籍について解説しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました🙇

お気軽にご連絡ください。
三豊・観音寺・丸亀を中心に香川県内のご依頼を承ります。
初回60分無料相談実施中です🍀🍀🍀

希望と笑顔溢れる暮らしづくりをサポートします😄

山岡正士行政書士事務所🏠
〒769-0402 香川県三豊市財田町財田中2592
📞0875-82-6013
💻https://mayamaoka-gyousei.com

特別受益とその計算

香川のマラソン行政書士の山岡です🎽

今回は特別受益とその計算方法について解説します🙂

特別受益とは

「特別受益」とは、一部の相続人が被相続人(亡くなった人)から、生前に贈与を受けていたり、遺贈を受けたりなど特別に被相続人から利益を受けることを言います。

一部の相続人だけに被相続人の財産が偏って渡されてしまうと、相続としては不公平な状態になります。

そこで、この不公平を是正するものとして、相続分を計算する際に特別受益を考慮するわけです。

特別受益の対象

では、どのようなものが特別受益の対象になるのか、確認していきたいと思います。

遺贈

まず、「遺贈」です。遺言によって一部の者に財産が渡される場合は、特別受益になります。

婚姻のための贈与

次に「婚姻のための贈与」があります。

結婚の際の持参金や嫁入り道具は特別受益の対象です。結納金や結婚式の費用は、かつては特別受益の対象とはされませんでしたが、時代が変わり、今では本人が負担するケースが増加していることから、結納金や結婚式の費用についても特別受益とされる場合があります。

学費

そして「学費」です。

学費は通常の教育にかかる費用と判断されれば、特別受益とはなりませんが、私立大学の医学部の学費や長期の留学費用などは対象とされることがあります。

生計の資本としての贈与

それから「生計の資本としての贈与」。

これは、住むための建物や土地の贈与、またはその不動産を購入するための資金の贈与が特別受益になります。

そのほかには、土地や建物の無償使用や通常でない多額の生活費の援助などが特別受益です。

特別受益があったときの計算

では、次に特別受益があった場合の相続分の計算方法について説明します。

特別受益の持ち戻し

例えば、相続財産が1000万円で、妻と長男、長女が相続人だとします。

法定相続分で分割すると、妻が2分の1の500万円、長男と長女がそれぞれ4分の1の250万円の取り分となります。

ところが、妻には遺贈で200万円、長男には生前100万円の贈与がされていた場合、これらは特別受益として相続分の計算に考慮させる必要があります。

ベースとなる相続財産の総額は1000万円に生前贈与の100万円を加えた1100万円となります。

そして、妻の取り分は1100万円の2分の1の550万円から遺贈の200万円を差し引き、350万円となります。トータルで取得する金額は550万円です。

長男は、1100万円の4分の1、275万円から生前贈与の100万円を引いた175万円が取り分です。生前贈与を加えたトータルの取得額は275万円です。

長女は遺贈も生前贈与もありませんので1100万円の4分の1、275万円を取得します。

特別受益を考慮した結果、長男と長女の取得額は同額になったわけです。

このように、遺贈や生前贈与によって取得した財産を相続分の計算の際に考慮することを「特別受益の持ち戻し」と言います。

この持ち戻しについては、被相続人が遺言の中で、特別受益を相続分の計算で考慮しないようにと決めることができます。こちらは「持ち戻しの免除」と呼んでいます。

以上、今回は特別受益とその計算について解説しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました🙇

お気軽にご連絡ください。
三豊・観音寺・丸亀を中心に香川県内のご依頼を承ります。
初回60分無料相談実施中です🍀🍀🍀

希望と笑顔溢れる暮らしづくりをサポートします😄

山岡正士行政書士事務所🏠
〒769-0402 香川県三豊市財田町財田中2592
📞0875-82-6013
💻https://mayamaoka-gyousei.com

抵当権の付いた土地を相続したら

香川のマラソン行政書士の山岡です🎽

今回は、「抵当権の付いた土地を相続したら」というテーマで解説します🙂

抵当権とは

それでは、まず「抵当権」について説明したいと思います。

抵当権とは、債務者が債務の担保に提供した不動産について、他の債権者に優先して弁済を受けることのできる権利です。

例えば、Aさんが新居を建てようとしてB銀行から借金をする際に、その担保としてAさんが所有する土地にB銀行のために抵当権を設定したとします。

その後、Aさんが約束通りにB銀行に対しての返済が出来なくなったとき、B銀行はこの抵当権に基づいてこの土地を競売に付して、その売却代金から優先して弁済を受けることができます。

相続する不動産に抵当権があるかどうかは、法務局で登記簿謄本を取得すれば調べることができます。

そして、抵当権の記載がされている場合、その不動産によって担保されている債務が存在しているのが通常です。

被相続人が借金をして、自己の不動産に抵当権を設定している場合は、借金も相続の対象となります。

各相続人が法定相続分の割合で分割して借金を相続することになります。

また、抵当権によって担保される債務が友人や知人など第三者のものであることもあります。

この場合は、被相続人の債務ではないので相続の対象とはなりませんが、第三者が借金を返済しないうちは、ずっと抵当権が残ったままになります。

抵当権付き不動産を相続したときの対応

相続放棄

このような抵当権が付いた不動産を相続した場合に、相続人がとれる行動として、一つには「相続放棄」があります。

債務の額が多く、マイナスとなる場合は相続放棄を検討する場合があります。

この相続放棄には「相続の開始を知ったときから3ヵ月以内」という期間が設けられています。

相続手続きを進めていく段階で、登記簿謄本を取得して初めて抵当権の存在が判ることもありますので、早期に財産の調査を行なうことがポイントです。

抵当権の抹消

次には、「抵当権の抹消」です。

他にも相続財産があって債務の弁済にあてることができる場合、債務を完済して不動産に設定された抵当権を抹消することができます。

抵当権は借金を完済すれば自動的に消えるわけではありません。

専門家に依頼したり、法務局で手続きを行うようにしてください。

また、抵当権の付いた不動産を売却して、その代金を弁済にあてる方法もありますが、不動産の価格が債務額に満たない場合は、別途資金を用意する必要があります。

以上、今回は「抵当権が付いた土地を相続したら」というテーマで解説しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました🙇

お気軽にご連絡ください。
三豊・観音寺・丸亀を中心に香川県内のご依頼を承ります。
初回60分無料相談実施中です🍀🍀🍀

希望と笑顔溢れる暮らしづくりをサポートします😄

山岡正士行政書士事務所🏠
〒769-0402 香川県三豊市財田町財田中2592
📞0875-82-6013
💻https://mayamaoka-gyousei.com

連絡不能、行方不明の相続人がいるとき

香川のマラソン行政書士の山岡です🎽

今回は、相続人の中に「連絡がとれない」とか「行方不明で生きているか死んでいるかも分からない」という場合の手続きについて、解説したいと思います🙂

亡くなった方の遺産の分け方を決める遺産分割協議は、相続人となる人が全員で行う必要があります。

しかし、その中に全く連絡がとれない人や行方が分からない人がいると、いつまで経っても話が前に進まないということになります。

相続手続きには、相続税の申告など期限の決められている手続きもありますので、早い段階で相続人全員と連絡を取る必要があります。

しかし、どうしても見つからないという場合、その方を無視して遺産分割協議を進めることはできません。

仮に、その方を除いて行われた遺産分割協議は無効となります。

そこで、相続人の行方が分からないときにとる手続きとして、以下2つを紹介します。

不在者財産管理人の選任

その1つは、「不在者財産管理人の選任」です☝

不在者財産管理人は、行方不明の相続人に代わって財産を管理します。

財産管理が主な役割ですので、基本的に遺産分割協議に参加することはできませんが、家庭裁判所に権限外行為の許可を申請することで遺産分割協議に参加することができます。

不在者財産管理人には多くの場合、行方不明者と利害関係のない人物や弁護士の方が就かれています。

不在者財産管理人は遺産分割で取得した財産を行方不明の方が現れるまで預かります。

失踪宣告の申立て

もう1つが、家庭裁判所への失踪宣告の申立てです☝

失踪宣告を受けることで、行方不明者を除いた相続人で遺産分割協議を進めることができます。

ただし、裁判所から失踪宣告を受けるのに1年ほどの期間が必要ですので、相続税の申告がある場合は、その期限に間に合わなくなります。

従って、どちらかと言えば、不在者財産管理人を選任して遺産分割協議を進めるやり方の方が現実的です。

失踪宣告を受けた行方不明者が現れた場合については、失踪宣告の「取消し」を申立てて、それが認められれば、相続に関するものも含んだその人の法律上の権利が復活します。

このときに、分割してしまって他の相続人が既に取得している相続財産については、費消したものを除いた手元に残っている財産を返却すればよいことになっています。

以上、今回は相続人の中に連絡がとれない人、行方が分からない人がいる場合の対応について解説しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました🙇

お気軽にご連絡ください。
三豊・観音寺・丸亀を中心に香川内のご依頼を承ります。
初回60分無料相談実施中です🍀🍀🍀

希望と笑顔溢れる暮らしづくりをサポートします😄

山岡正士行政書士事務所🏠
〒769-0402 香川県三豊市財田町財田中2592
📞0875-82-6013
💻https://mayamaoka-gyousei.com

つまらない人生なんてない

香川のマラソン行政書士の山岡です🎽

今回はマラソンをやっていて感じることについてのお話しです🙂

私も年間に5~6レースに出場しますが、全てのレースが満足のいくものではありません。

当然、失敗レースもあるわけで、後半どう頑張っても平凡な記録しか出ないという日もあります。

しかし、そんな時こそ自分を成長させるチャンスなんです☝

これは、人生にも当てはまります。

平凡で終わってしまいそうなレースの意味づけ。これについてはその人、その人の人生に当てはまることができます。

「おれの人生なんてこんなもんだよ」とか「やっぱり自分てだめな人間なんだ」とか人間とは感情を持つ動物なんで、その感情が行動を支配して鈍らせたり、新しいことにチャレンジする気持ちを躊躇させたりしていることはないでしょうか。

人生は思い込みでできています。それは「できる」という思い込みと「できない」という思い込みです。

私が、神様がほほ笑んだ日として忘れられないのが2006年10月22日です。

社会人になって13年目の年、庵治で開催されたマラソン大会の5kmの部に出場しました。

その大会は6位までが表彰の対象となるんですが、その6位に滑り込んで表彰を受けることができました。

それまでにもいろんな大会にでてきましたけどとても表彰台に立てるレベルになんかありませんでした。

しかし、しかしですね、ここが私の往生際の悪いところで「絶対できる、絶対できる、絶対できる」と思って練習を続けたわけです。

「こんなもんじゃないはずだ」って。これもまさに思い込みです。自分を信じて腐らず、愚直にやってきたからこそ、神様がご褒美をくれたんだと思っています。

ぜひ、みなさんもプライベートで、ビジネスでつまづいたり、悩んだり、立ち止まったりすることがあるかと思いますが、「どうせ」とか「私なんか」とか考えず、「私はできる」、「私ならできる」、「私だからできる」と思い込んでください。

信じてください。自己肯定感を高めてください。

人生、ぜったいその方が楽しい。

自分が自分を信じないで、誰が信じてくれるというのでしょう。

あなたの力は無限大です。

あなたの可能性は無限大です。

今、できていないのは、やっていないだけ。

挑戦していないだけ。

まず、一歩を踏み出しましょう。

ほんの少しの勇気を出してみましょう。

勇気ある一歩を踏み出したとき、あなたの目の前には素晴らしい景色が拡がっているはずです。

それでは、最後に私の好きなメッセージをお届けしたいと思います。

何か始めたいけど勇気が出ない、思い切って飛び込めない、そんな方に向けたメッセージになっています。

その方は森岡毅さんと言います。

マーケティングを得意とする方で、USJをV字回復させた人物です。

USJは映画のテーマパークとして2001年にオープンしました。

オープン当時は物珍しさもあって1100万人の入場者がありましたが、翌年には700万人に激減し、2004年に経営破綻しています。

その後、森岡さんが立て直しを図る分けですが、映画のテーマパークというだけでは、顧客層が偏ってしまう。

もっと家族連れで楽しめるテーマパークにしないとダメだということで、大幅な経営方針の転換を行ないました。

今ではハリーポッターがあり、ハローキティがあり、スヌーピーがありと幅広い年代の方が楽しめるテーマパークに変貌しています。そして今ではその入場者数は1400万人をこえるほどになっています。

この、森岡さんにも大学に通う娘さんがいらっしゃって、就職活動を前に自分の生き方について悩む娘さんに書いた文章が次の文章です。(『USJを劇的に変えたたった一つの考え方』より引用)

仕事で失敗しても、会社をクビになっても、誰かが命を取りに来るわけではありません。

よく考えると「リスクって何なの?そんなものあるの?」という話です。

70年前の日本人は焼け野原の中でそれを知ったでしょうし、東日本大震災で死神の理不尽を実感された人も多くいるでしょう。

生きていること、好きなことに挑戦できること、さまざまな苦労に泣き笑いできること自体がもう十分に素晴らしいのです。

どうか多くの方が一度しかない人生を、いま自分が泳いでいることの奇跡を感じてほしいと願います。

一度きりしかない人生で、自分が持って生まれたものを輝かせることにもっとポジティブにならないともったいないことに早く気づいてほしいのです。

その欲をもってください。

自分の野望や夢ややりたいことを素直に目的として明確に掲げて下さい。

目的をしっかり持って、それを意識すれば、その方向へ人生は近づいていくはずです。

それを戦略的に追い求めれば尚のこと、もっと近づいて達成していくことができるでしょう。

仮に努力したのに、目的を達成できなかったとしても、無目的に生きるよりは、よほど人生が輝くはずです。

たとえ大きな失敗をしたとしても、失敗をしない人生よりははるかにましです。
あなたはいつかきっと輝くはずです。

失敗しない人生なんて、何も挑戦しなかった臆病者の命の無駄遣いです。

そんな人生こそが最大の失敗だと、私は言いたいのです。

自分の人生の主役は自分しかいません。

失敗を恐れず、目的を持って、ポジティブに人生を歩んでください。

そうすればきっと、我々は自分が思っているよりも高く飛べるはずです。

その高さから見えるまだ知らない景色をみるために・・・。